Liquid error: Could not find asset snippets/weglot_helium.liquid

ca*ca Original Handmede strap


兵庫県明石市発の高級ハンドメイドギターストラップ「ca*ca」、手芸のエキスパート櫻井愛子さんの確かな技術とアイデアが、随所に垣間見える素晴らしい製品です。

彼女の手芸キャリアは、15年ほど前に始めたスイーツデコが始まりです。緻密かつ、かわいらしいデザインの作品は、瞬く間に売れていったと言います。それが「ca*ca」ブランドたちあげの瞬間でした。それから5年たって、ストラップの制作が始まります。

ちなみに、「ca*ca」は「かあか」と発音します。それは、彼女の息子やその友達が、彼女のことを「かあか」と呼んだことが始まりです。これは、英語の「Mom」に近い日本語のスラングであり、子供たちに慕われる彼女の人柄を強く表すブランド名であるともいえます。

彼女の作るストラップの特徴は以下の通りです。

①全てのストラップは基本「ワンオフ」
すなわち、お店にあるもの、そしてネットショップにリスティングされているものは、すべて世界に一本しかないデザインということです。それらのデザインは、ストラップの幅、長さに合わせて、柄の個性が出るように彼女が厳選したもの。つまり、それはあなたが手にした瞬間に、それはあなたの「シグネイチャーストラップ」となるのです。

②絶妙な裏地
そして、表地をしっかり支える特徴的な裏地には、日本の帆布の8割を生産する倉敷帆布社製の帆布を採用。しっかりギターをホールドしつつ、滑りすぎない程度に体の動きに追従するこの塩梅は絶妙です。柔らかな風合いを残しつつも、伸びたり縮んだりしない、帆布ならではの特徴を生かしたしっかりした素材が採用されています。

③こだわり抜いたギターとの接点部分
あなたのギターとストラップの接点になる部分には、こちらも厳選した牛革を使用。最初、ギターにストラップを取り付け時には「堅いなあ」と思われるかもしれません。ですが、この「堅さ」こそあなたのギターをがっちりホールドするための「生命線」です。市販のストラップロックと併せれば、演奏中にストラップが外れるという、そのような「事故」は起こりえません。

④さらにこだわり抜いた、ギターとの接点部分の作りこみ
接点部分は、牛側を二つ折りにしてねじで締めこむ形になっています。さらに、このねじ位置も、ギター本体を傷つけないために、彼女が試行錯誤して見つけ出した、絶妙な位置に配置されています。そして、お気づきのことかと思いますが、ねじで締めこむということは、この接点部分が劣化したら取り換えが可能、ということです。ワンオフ物のストラップ本体を、末永く使ってもらえる工夫の一つです。

そして、このねじは、プラスティックではなくしっかりとした金属製。プラスティックのねじやカシメは必ず壊れてギターが落ちる・・・そのようなリスクからプレイヤーを守るための、彼女のこだわりです。

⑤ブランドタグは、ただのタグじゃない!
ここまで考え抜いてストラップを作れる彼女が、ただ漠然とブランドタグをストラップに取り付けるわけがありません。上部をあえて縫い込まず、ピックポケットとしてデザインされています。ライブ途中にピックを飛ばして、それを拾ったり、マイクスタンドにとりに戻る、などという格好の悪いことは、このストラップを使っている限り起こりえません。

⑥最長で165㎝まで延長可能(ギターとの接点部分の牛革を含む)
クールなローポジションを決めたいのに、市販のストラップでは長さが足りないということも起こりますが、「ca*ca」のストラップは最大で165㎝まで延長可能です。そのカッコよさは、横山健さんのライブパフォーマンスでも使用されており、映像などで確認することができます。

⑦これらのデザインを一つの形にする、高い技術力。
手芸のエキスパートである彼女のスキルを惜しみなく投入し、ハイエンドギターに取り付けても見劣りしない仕上がりになっています。「ふさわしい」ストラップをお探しなら「ca*ca」一択です。